介護付有料老人ホーム 普通の老人ホームと何が違うのか

###Site Name###

介護付有料老人ホームの「介護付」とは一般の老人ホームとどんな違いがあるのでしょうか。

どんな介護サービスを受けることができるのでしょうか。



介護付きとは、食事や日常の生活のサービスの加え、さらに介護サービスが付いた高齢者のための老人ホームのことを指します。



ですから介護付有料老人ホームの介護サービスは介護保険の適用を受けたサービスですので、入居者は介護費用に関して国が定めた料金の1割の負担で済むことになります。

しかし、介護付有料老人ホームの特徴の一つとして、入居一時金の支払いがあります。

一般の老人施設を利用するために大抵は少しの待ち時間が必要ですが、介護付有料老人ホームの場合、待ち時間が少ないと言われています。しかも、老人ホームによってはこの入居一時金が0円の施設もあり、様々です。ですから、必ず複数の老人ホームについて資料請求し、比較検討し、利用者当人にぴったりの介護サービスを選択することが大切です。またこの入居一時金は施設の定める期間にもよりますが、入居者が何かの理由で施設から退去することになった場合、当人や家族に返金されることがあります。

この入居一時金に関して少額から多額まで施設により異なりますし、その返金制度や期間も違いますから、施設を利用する場合は事前に施設側とよく話し合うことが大切なことです。

先ほど述べたようにたくさんの老人ホームについて調べるなら、より良いサービスを受けるために役立ちますし、当人にとっても安心材料となりますので、入居の際のストレスを少なくすることができます。

以上の内容が介護付有料老人ホームを利用するにあたって良い選択に役立ちますように。